社会知能研究会では以下の研究会を行います。皆様奮ってご参加下さい。

 大盛況の中終了しました.講演された先生方,参加された方々,ありがとうございました

当日の様子

IMG_0773_s_p.png
IMG_0774_s_p.png
IMG_0776_s_p.png
IMG_0779_s_p.png
IMG_0780_s_p.png

「人を理解する新たなアプローチ:大規模データに基づく人間理解と社会性認知の脳内基盤」

  • 日時: 2013年2月1日(金) 16時~18時 15時〜17時に変更されました 
  • 場所:大阪大学中之島センター 4F 講義室404 (アクセスマップ

アブストラクト

近年のめざましい科学技術の進歩は我々人間の振る舞いを理解するための新たな方法を生み出しつつある。1つはライフログなど代表されるようにインターネットの爆発的な普及によって常に個人の生活行動を収集し続けることができるようになったことである。こういった 大規模データを収集し分析する技術の応用範囲はマーケティングや医療、交通など多岐にわたり、これからの我々の生活にも大きな変化をもたらす可能性がある。もう一つはEEGに代表されるような携帯性の優れた非侵襲性の脳活動計測技術によって我々の日常場面での脳活動を計測することが可能になったことである。これにより、我々の社会性認知について新たな知見が得られる可能性がある。

本研究会ではこれらの研究分野における第一人者の先生方をお迎えし、新たなアプローチの可能性や応用技術、新たな実験パラダイムなど、多義に渡り議論する。

発表者

間瀬健二先生(名古屋大学)
タイトル:「体験共有支援プラットフォームのコーチング支援への応用」

福田玄明 先生(理研)
タイトル:「生き物らしさ,人らしさの認知 ー社会性認知の錯誤ー」

参加費

無料

参加登録

研究会の準備のため,正確な参加者数を把握しておく必要があります。大変お手数をお掛け致しますが,下記のリンクから参加登録を行なって下さい.

参加登録はこちら

当日,研究会後にささやかな懇親会を予定しております(有料です).お時間があればそちらもご参加下さい.

スケジュール

  • 14:55~15:00 挨拶
  • 15:00~16:00 間瀬先生講演・質疑応答
  • 16:00~17:00 福田先生講演・質疑応答
  • 懇親会会場へ移動

その他,ご不明な点などございましたら情報処理学会関西支部 社会知能研究会担当 住岡(sumioka@atr.jp) までメールください.


添付ファイル: fileIMG_0779_s_p.png 456件 [詳細] fileIMG_0773_s_p.png 462件 [詳細] fileIMG_0780_s_p.png 451件 [詳細] fileIMG_0776_s_p.png 460件 [詳細] fileIMG_0774_s_p.png 456件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-24 (木) 21:53:24 (1431d)